学生  お金借りる

学生さんがお金借りる際のポイントを伝授します!

学生さんでも、どうしても買わなければならない物があるけれど、お金が足りないということがあると思います。

 

旅行や学費、サークルの友人との交際などお金がかかる事はよくありますよね。

 

そのような時に、学生さんでもお金を借りる方法はたくさんあります。

 

このサイトでは学生さんがお金を借りる方法をいくつか紹介しています。

 

賢くお金を借りて、社会勉強も兼ねてきちんと返済して社会人としてスキルアップしましょう。

 

 

 

 

学生さんがお金を借りる際の当サイトいちおしカードローン

 

 

【モビット】

 

モビット

 

三井住友銀行グループのモビットです。

 

学生さんはバイトなどで安定した収入のある方が対象です。

 

ネットで24時間お申込みOK!

 

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があれば、電話と郵送なしのネットでの完結が利用できます。

 

返済シミュレーションをしますので返済計画もバッチリです!

 

銀行やコンビニなど全国の提携ATMで利用可能です。

 

(当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。 審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。)

 

モビットなら10秒簡易審査です!

 

申込フォームにまちがいなく、正しい情報を記載することでスムーズな審査につながります。
10秒簡易審査はお試し診断やシミュレーションではないので、審査通過後はそのまま本審査までスピーディー!
入力項目が少ないため、お急ぎの方や はじめてご利用の方の申込にとっても便利です♪

 

詳細はこちらからです!   ↓↓↓↓↓

モビット

 

 

 

 

 

学生がお金を借りるための4つの方法

 

どうしても資金が必要な事情を抱えている学生であれば、

 

1.消費者金融でお金を借りる
2.銀行の融資でお金を借りる
3.町の学生ローンでお金を借りる
4.親や親類から借りる

 

上記4つの方法にわかれます。

 

まず1番目はモビットなど「消費者金融」のカードローンを利用する方法があります。

 

学生さんがカードローンのサービスを利用することによって、お金借りることが可能になりますので資金不足を素早く解決したいときに便利です。
消費者金融などからお金借りることを検討しているのであれば、学生が利用できるカードローンがあるかどうか確認しておくことが大切です。

 

学生さんのカードローンはどこの金融業者でも行っているわけではなく、さらに大学生でなければ融資を受けることは期待できません。
ほとんどの金融業者は借り入れの条件として、満20歳以上の年齢であることを設定していますので、
大学生であっても年齢が満20歳を超えている人でなければカードローンを使うことができません。

 

2番目に、まったく収入を得ていない学生であれば、無収入で融資を行っている「金融機関」に申込みをする必要があります。
大手の銀行の中には学生に対して融資を行っているところがあるために、本人確認書類として運転免許証や健康保険証を持参して借り入れの申込みを行います。

 

個人情報などを記載することで審査に通過することができれば、学生さんでもカードローンを利用できるようになります。
大手銀行が行っている学生さんのカードローンの場合には、
利用限度額として10万円までの設定が行われていることがあるために、限られた資金しか借り入れができないことを把握しておいたほうが良いでしょう。

 

消費者金融からの借り入れでは、収入を得ていることが条件になっていることがほとんどで、アルバイトなどをして毎月の一定収入を得ておく必要があります。

 

3番目は町の学生ローンからお金を借りる方法がありますが、これは学生ローン会社によって条件がかなり違います。

 

4番目の親や親類、友達からお金を借りるのはあまりおすすめしません。一見利息もなく便利な気もしますがいつまでも自立できないし、友人などはトラブルの元だからです。

 

 

 

学生がお金を借りる時の条件とは

 

学生がキャッシングでお金借りる時の条件としてまず挙げられるのが年齢で、20歳以上でないと申し込みをすることが出来ません。
未成年の学生が年齢を偽ってキャッシングの申し込みをしようとしても、身分証明書の提示で嘘が分かってしまうのでやめた方が良いでしょう。

 

もう一つの条件がアルバイトなどで安定した収入があるという点です。

 

ただし毎月決まった収入があっても、金額が少ない場合は審査に通らない場合が多いので難しいと言えるでしょう。
また、親からの仕送りは収入には含まれないので注意が必要ですし、こちらも年齢と同様にアルバイト先や年収を偽っての申し込みは出来ません。

 

ここで覚えておくべきことは「総量規制」という言葉です。

 

総量規制は、お金を借りることができる上限を年収の3分の1までという規制です。
当然、年収がゼロであれば借りることはできません。

 

こうした条件を満たした学生がキャッシングでお金借りる場合は、申し込みをするキャッシング選びも重要です。
金利と申し込み方法が比較すべきポイントとなります。

 

多少の金利の差でも借り入れ金額や借り入れ期間によって、トータルの返済額が大きく変わってしまいます。
また、家族と同居している場合に、お金借りることを家族に知られたくない場合は、web申し込みが出来るキャッシングがおすすめです。

 

自宅に郵送物が届かないので家族に見られることが無く、店舗に足を運ぶ必要が無いので誰かに見られる心配もありません。

 

 

 

学生証だけあればお金を借りることは可能なの?

 

学生証だけでお金借りることができる時代は、終わったと言えます。
昔は町の学生ローンでは、学生証のみでお金を借りることができました。
学生ローンの店舗まで行けば、高い確率で30分程度の審査の後、現金をその場で貸してくれました。
店舗まで行って直接顔を見て話をすれば、ある程度は信用のできる人物かどうかがわかります。

 

しかし、現在はインターネットでの取引が主流になっていますので、審査は慎重にされる傾向があります。
また、貸金業法という法律が改正されて、規制が厳しくなりましたので、学生ローンでも学生証のみでお金を借りることは基本的にできません。

 

学生証の他に、免許証や健康保険証、パスポートなどの書類が必要になります。
住民票が身分証明証として使えるかどうかは、金融機関によって異なります。

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローンへ☆

 

 

学生が即日お金を借りるには

 

学生であっても様々な物事のためにお金が必要になるために、消費者金融や銀行から即日中にお金借りることを希望する場合があると思います。

 

20歳以上でアルバイトをしている人でしたら急ぎならインターネットで消費者金融を利用すれば即日にお金を借りる事ができるでしょう。

 

消費者金融などに申込みをしてお金借りるためには、業者が設定している条件を満たす必要があります。
即日で融資を受けるためには、それぞれの業者が設定している条件を確認して、学生に対して融資を実行している業者を見つけることが重要です。

 

全ての金融業者が学生に融資を実行しているわけではありませんので、融資の条件の中に学生が含まれていないところに申込みをしたとしても借り入れできません。

 

カードローンなどのサービスを行っている銀行の中には、収入を得ていなくても融資を行っているところがあります。
来店することが条件であるために、銀行の窓口まで行って直接契約をする必要があります。

 

本人確認のために運転免許証や健康保険証の提示が求められますので、必ず忘れないように持参するようにしましょう。
銀行に来店する方法では、営業時間の範囲内のうちに来店しなければなりませんので、申込みの時間帯にも気を付けておくことが重要です。

 

銀行以外の借り入れ先としては消費者金融からも融資を受けることが可能です。
消費者金融のカードローンを使うためには、収入を得ていることが条件になりますので、
アルバイトやパートを一定期間にわたって継続していて、安定した収入がある人であれば借り入れが可能です。

 

全く収入を得ていない人の場合には、消費者金融のカードローンを利用して融資を受けることは難しくなります。

 

 

 

学生が親に内緒でお金を借りる方法とは

 

学生が親に内緒でお金を借りるためには、「20歳以上である方」という条件を満たしている必要があります。
未成年の人と結んだ契約は後で無効にできてしまうため、正規の金融機関なら未成年の人と金銭消費貸借契約を結ぶことはありません。

 

例外的に、親の同意があるならば、契約を結ぶことができるケースもあります。

 

 

未成年の人にお金を貸す業者は、闇金である可能性が高いので、気をつけておきましょう。

 

街角で「学生でも審査なしでお金借りることが可能」などという内容のチラシが配られていることがありますが、高い確率で闇金です。
闇金でお金を借りてしまうと、家族や友達にまで嫌がらせをされて、人生をめちゃくちゃにされてしまうこともあります。

 

闇金が学生にお金を貸すのは、親の収入をあてにしてのものなので、家族には高い確率で迷惑をかけてしまいます。

 

学生の人でも、20歳以上でアルバイトをしている人であれば、お金借りることはそう難しくありません。

 

大手の消費者金融なら条件を満たせば借りられます。

 

大手の消費者金融では、原則として家族にバレないようにお金を貸してくれます。
親と一緒に住んでいる場合でも、自宅に書類が送られることがないように、WEB完結で申込みをすれば、バレる可能性は少ないです。

 

一人暮らしをしている人なら、バレる心配はほとんどないでしょう。

 

 

 

学生がネット完結でお金を借りる際の具体的な事

 

学生がお金借りることを希望しているのであれば、利用条件を確認して学生に対して融資を行っているカードローンを使う方法がおすすめです。

 

近年では、学生であってもお金借りることが可能なカードローンは数多くありますので、消費者金融から借り入れできます。

 

ネット上で手続きを済ませて借り入れしたいときには、インターネット上で手続きを完結できるシステムを導入している消費者金融のサービスを選択する必要があります。
どこの業者であってもインターネット上で全ての手続きを行えるというわけではなく、大手の消費者金融のカードローンを選択しなければなりません。

 

ネット完結ができる消費者金融のカードローンであれば、来店しなくてもWEB上から申込みができますので、自分の氏名や住所、年齢などの基本情報を入力します。
収入を得ていることが借り入れ条件になっている消費者金融が多く、アルバイトなどを行っておく必要があります。

 

審査では年収や勤務先情報などの入力も行うことで、消費者金融が融資を実行するかどうか判断します。
年収などの様々な情報を元にして、借り入れが可能な利用限度額が設定されます。

 

大手の消費者金融に申込みをすれば、学生でも即日融資に対応してもらえる業者がほとんどですので、30分ほどの時間があれば融資が実行されます。

 

来店したくないときには、振込先の金融機関の口座の情報を入力しておくことで、振込融資の方法で借り入れができますので、1回もお店に行く必要が無くなります。

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローンへ☆

 

 

学生がお金を借りた体験談 その1

 

「モビットでお金を借りました。」

 

モビットは、学生でもお金借りることが可能な消費者金融です。
私は実際学生でしたが、借りた体験談があります。こちらの消費者金融は、店舗をもたず、インターネットや街中にある無人契約機で契約を行います。
その手軽さが利用を決めた理由です。

 

もちろん、学生でも申し込めるということも選択の理由の一つです。
お金借りるのに、そもそも条件を満たしていなければ意味がないからです。

 

申込をするにあたって、私は無人契約機を利用しました。簡単操作ですし、提出書類も無人契約機から簡単に操作して提出することができます。
その場でカードが発行される点も良いと感じます。

 

モビットの無人契約機は、誰でも操作がしやすいように説明がその都度表示されます。

 

現在の学生は機械操作には慣れているので、ほかの人でも難なく操作できると思います。
そして、審査時間はとても短い物でした。アルバイトの在籍確認をする時間を含めても、15分ほどで審査が完了し、カードが発行されました。
無人契約機の稼働時間は長いので、それだけ利用の幅が広がる点が優れています。

 

しかもカードを発行してもらうまでの時間が短いので、そのあとにお金が必要な方でも、間に合わせることができます。

 

その後、カードを使ってATMからお金を借りましたが、大抵のATMに対応しているようなので安心です。
最近は夜でもコンビニなどに設置されているATMは使えるので、飲み会の資金を確保することもできそうです。

 

モビットさんはインターネットで完結するお金の借り方もあるようなので便利ですよね。

 

 

 

学生がお金を借りた体験談 その2

 

生活費を借りました。学生です。

 

お金を借りた経験があります。
その時は友達と海外旅行に行ったりしてかなりお金を使いすぎてしまいました。
帰国してからアルバイトの給料日までどうしても生活費が足りなくなりました。
自分が無計画に遊んだ結果なので親に仕送りを増やして欲しいとは言えませんでした。

 

そこで消費者金融のカードローンでお金を借りることにしました。
初めて利用するなら大手消費者金融の方が良いだろうと思い決めました。
しかし学生でもカードローンの申し込みが出来るのか不安がありました。

 

そこは20歳以上で自分で働いて収入を得ているなら学生でも申し込みが出来ると聞いたので申し込みをしました。
自動契約機から申し込まなくてもパソコンを使ってインターネットから申し込みが出来るので便利です。
ホームページにある申し込みフォームから手続きを行いました。
申し込みフォームには名前や勤務先の情報などの個人情報を入力しました。

 

間違いがないかを確認してから送信ボタンをクリックしました。

 

本人確認書類は運転免許証をスキャナーでパソコンに取り込んでメールに添付して送信しました。
勤務先への在籍確認は自分が会社にいなくても問題なく行われたようです。
審査結果のメールがきて無事お金を借りることが出来ました。

 

限度額は10万円とかなり低めですが給料日まで生活できれば良いのでとりあえずほっとしました。

 

 

 

学生がお金を借りた体験談 その3

 

「教科書代が足りずにお金を借りた大学生です。」

 

私は大学生です。一人暮らしで親元から離れて暮らしています。

 

生活費などは仕送りしてもらっているのですが、バイトもしています。ですので日々お金に困ることはありません。
ついつい親からの送金を遊びに回しそうになる時がありますが、そこはちゃんと管理してやっているつもりでした。

 

ところが先日教科書代に親に送金してもらって銀行から引き出して、取っておいたお金をうっかり遊びに使ってしまい、
今更親にまた送金してくれとも言えず、どうしようかと思っていました。ホントに情けなかったです。

 

そんな時カードローン会社ってネットで審査して通ったらお金を貸してくれるよ、っていう話を友達から聞き、さっそくアクセスすることにしました。

 

幸い審査には通り、すぐ入金されました。教科書代はすべてで5万円でしたので、きっちりそれだけを借りることにしました。
次の月からのバイト代で1万円ずつ返すことにして、5か月で完済することができました。あの時あのお金がなかったらかなりまずかったです。

 

これからももし急に必要なことがあったら、カードローン会社を利用することがあると思います。
利息も短期間で返せば高くないということがわかったので、少額ならすぐ完済できますし便利ですよね。

 

 

 

学生がお金を借りた体験談 その4

 

「学生時代にモビットで旅行費用をのお金を借りました。」

 

私は大学生のときに一度だけモビットで5万円借りたことがあります。
当時、学校に通いながらアルバイトをしていたのですが、親の反対を押し切って一人暮らしをしていたため、親にお金を借して欲しいと言う事ができませんでした。
しかも、その5万円の使い道が友人との旅行費用だったために、余計に言う事ができなかったのです。
消費者金融でお金を借りることにはすごく抵抗がありました。

 

一度借りてしまうと、借りることに抵抗がなくなってしまうのではないかと不安だったのです。

 

ですが、旅行会社にお金を振り込まなくてはならない期限が迫っており、私の貯金ではどうしても足りず、消費者金融でお金を借りるしか道はありませんでした。

 

そこで、自分の中で期限を決めて、必ずその期限内に返済することを堅く決めて借りました。

 

いざ借りると、とても助かったものの、自分的にかなり落ち着きました、アルバイトに精を出して給料をしっかりもらい、決めていた期限よりも少し早く返済できました。

 

それからは消費者金融のお世話にはなっていないのですが、その後、いざとなったら消費者金融でも返済計画さえしっかりしてればよいと社会勉強になった気がして、
その点ではよい経験になったと思います。

 

 

当サイトイチオシの学生さん向けのカードローンへ☆

 

更新履歴