学生  お金借りる 安全

安全に学生がお金を借りるには?

学生が安全にお金を借りるには、「安全な金融機関」などでお金を借りることが大事です。

 

例えば、「保険」の商品によっては

 

お金借りることが出来るものがあります。

 

これは、契約者のみが、お金借りることが出来るものであるため、当然
学生本人が、契約者でなければなりませんが、

 

学生が契約者になっているのであれば、その人に権利があるため
お金を借りることが出来ます。

 

これは、例えば郵便局の保険などにあてはまります。
郵便局の保険は、民営化前の保険でも、これは当てはまりますので、貸付が出来ます。

 

お金を借りる際には、「身分証明書」及び「印鑑」と「保険証書」が必ず必要になります。

 

窓口で出される書類をきちんと書いて、受付に出せば
その場でお金を借りることも出来ます。
これは、先に保険会社に払ってある自分のお金で
貸付を受けているというような形になります。

 

言い換えれば、保険が満了した際に受け取るお金を
先に受け取っているというような形で借りているような形です。

 

しかし、場合によっては
その場ではお金が受け取れない場合もあります。

 

その際には、通帳を持って行き

 

そこに後日、お金を振り込んでもらう、というやり方があります。

 

その際にはおよそ、1週間程度で、指定した口座にお金が
振り込まれる形になります。

 

また、このやり方をする際には
必ず身分証明書とハンコ、保険証書などが必要ですので
即座にお金が欲しい場合には、忘れないように注意することが大事です。