学生  お金借りる 返済

お金を借りる場合学生が返済で注意するポイントは?

 

学生さんであっても、やはり日々生活していく中でどうしてもお金が足りなくなってしまうケースは考えられます。

 

お金借りること自体は何も悪いことではないのですが、やはり学生さんがお金借りる際には気をつけていただきたい注意点があります。
それは、利用計画などは人一倍念入りに立て、計画的な返済を心がける必要があるということです。

 

学生の場合にはサラリーマンなどとは異なり、特に副業禁止などという制約はうけません。
つまり、空いてる時間には好きなだけアルバイトをすることもできますし、いくつ掛け持ちしても誰からもとめられることはないでしょう。

 

でも、学生の本業は勉強であり、やはり学校はしっかりと卒業する必要があります。
無計画にお金を借りすぎてしまい、返済に追われることでアルバイトを毎日しなければならなくなり、学業がおろそかになってしまっては元も子もありませんよね。
大学生であればしっかりと毎年単位を積み重ね、さらには卒業時には卒論がある場合もあります。

 

返済に追われて学業がそっちのけになってしまっては、留年なんてこともありえますし、そうなるとさらにお金がかかるという悪循環に陥る可能性だってあります。
やはりアルバイトをすることに制限がありませんし、社会人と比べると時間に余裕があるからこそ、「いざとなればアルバイトを増やしてお金を返せばいい」と安易に考えてしまう方もいらっしゃるので、この点にはしっかり注意していただきたいと思います。

 

学生さんの本業は勉強ですから、それに支障が出るような借り方は控えるようにしましょうね。