学生  お金借りる 利息

学生がお金を借りた場合の利息は?

 

学生がお金借りる場合の利息は、その借りる金融機関などによって様々です。

 

例えば、郵便局の保険などには貸付の制度があります。

 

これは、民営化前の郵便局の保険にも貸付制度がありますので、保険に加入している方は、契約者であれば学生でも貸付を受けることが出来ます。

 

借りる際には、契約者本人だと分かる免許証などの身分証明書と印鑑、通帳、保険証書などが必要です。

 

そして返す際には、当然利息がつきますから、長い間借りていると、当然返すお金はふくらんでしまいます。

 

 

しかし、郵便局の保険の貸付制度などは学生でも安心して借りることの出来る制度です。

 

ただし、必ず借りることが出来るのは契約者本人であることが条件であり、仮に「保険をかけられている被保険者」である場合には借りることは出来ないので、注意が必要です。

 

そしてその利息ですが、その時の経済の状況によって変化があります。

 

貸付を希望する場合には、窓口に行き「現在、どれくらいのお金をどれくらいで借りれるのか?」ということを聞くことが大事です。
窓口で質問をすれば、すぐにこたえてくれます。

 

また、借りた際にも、渡される控えによって自分が現在、どれくらいのお金を借りていて、どれくらいつくのかがパーセンテージで分かるので、きちんと控えは持っていることが大事です。

 

およそ、100万円程度を借りた場合には、年間で1万円前後がかかる時もあります。

 

これは経済の状況によっても変化があります。