学生  お金借りる 条件

お金を借りる場合学生はどんな条件?

 

社会人のように定職に就いておらず収入が安定していない学生は、お金を借りることはできないイメージが強いですが、実際には学生でも一定の条件をクリアすれば、お金を借りることはできます。

 

学生がお金借りることができる条件の一つとしては、年齢が20歳以上であることがまずあげられます。
法律では、未成年に対してお金を貸すことは一部の例外を除いて規制されているからです。

 

親の同意がある場合や、結婚していて成年に達しているとみられる場合などは未成年でも借りることができますが、多くのキャッシング会社は未成年への融資は行っていないのが現状です。

 

そのため、中学生や高校生、大学1年生など20歳未満の学生はお金を借りることはできないと思って間違いはないです。
年齢の次に大事なものとしては、安定した収入があることがあげられます。
昔は学校に通っていることが証明できれば、アルバイト収入がなくても簡単に借りることができましたが、学生ローンでは、お金を貸すことに関しての法律の改正が近年行われたことにより、ある一定の安定したバイト収入が融資の審査を通る際に必要になっています。

 

一般的には、半年以上のアルバイトの収入があることが条件になっている会社が多いです。
キャッシング会社によって、アルバイト収入額のラインは、それぞれ違います。
厳しいところでは、週5日以上のアルバイト勤務が必要なところもあれば、週に3日程度のシフトのバイトや数か月の短期バイト勤務でも審査が通るところもあります。