学生  お金借りる 金利

学生がお金を借りる上での金利は?

 

社会人がお金を借りる場合と学生がお金借りる場合では、金利や審査条件などの様々なことに違いが生じます。

 

学生は社会的に信用性が低く、本文は勉強であるので収入が安定しているとは見られません。
そのことから、審査は厳重に行われる上に保証人を求められることもあります。
利用限度額も年収に関係なく10万円までと定めている金融機関も多いです。

 

学生専用の消費者金融として、学生ローンの会社が多く存在します。

 

そういった消費者金融でお金を借りる場合にかかる金利は、一般的な消費者金融よりも高い金利に設定されています。
利用限度額は50万円以下としていることがほとんどであり、初回からその金額を越える借入をすることは出来ません。
50万円以下であれば20%で、50万円以上100万円以下であれば18%、100万円以上であれば15%が年利とされています。

 

これは、一般的な消費者金融と比べると高く設定されており、グレーゾーンの年利となっています。
返済方式は消費者金融によって変わりますが、毎月指定された金額を返済していくことがほとんどです。
リボルビング返済を採用している消費者金融は少ないです。
リボルビング返済は、毎月の支払い額を自由に設定出来る為に、借金を重ねてしまうことが多くなります。

 

学生でそういった事態に陥ってしまうと、消費者金融としても滞納により損失になるので、出来るだけ自社に損失を及ぼさないように返済方法が決められています。