学生  お金借りる 審査

学生がお金を借りる場合、審査は厳しいの?

 

学生は会社勤めをしていませんので、本来ならば、お金借りるためにキャッシングなどをする必要は、出てこないかもしれません。
とはいえ、卒業旅行や高額な書籍購入など、学生であっても、お金が必要になってくる状況は、幾らでも発生してくるものです。

 

学生がキャッシングを受ける場合、最低限の条件というものが2つあります。

 

まずは、アルバイトやパートなどで定期的な収入があることです。
お金を貸す業者にしてみれば、借主が本当に返済してくれるかどうかが、最大の懸念事項なのです。
ですから、アルバイトやパートをしていて、毎月、きちんと収入があれば、それが返済の原資になるということで、安心できるのです。
おそらく、お金を借りたい学生であれば、まず例外なくアルバイトはしているはずです。
ですから、この条件はまずクリアできます。

 

2番目に、年齢が20歳以上であることが求められます。
これは法律で決められていることですので、18歳の大学生は対象とはなりません。

 

ただし、20歳以下であっても、必ずしも借りられないわけではありません。
親の同意書が提出されれば、審査を受けることが可能になります。
その場合、一種の裏ワザになるかもしれませんが、まずはキャッシングを申し込んでおいてから、親を説得して同意書に署名捺印をもらって、金融会社に提出する、という手法も考えられます。

 

学生専門に貸し付けを行っている金融業者では、比較的、審査のハードルを下げて、顧客獲得を図っている傾向があります。

 

また、友人を紹介するとキャッシュバックがあったり、 卒業するまでは金利のみの返済も可といったプラスアルファのある場合もあります。
賢く使えば、メリットがあります。